その他の5つの製品レベルの例

5つの製品レベル

5つの製品レベル

5つの製品レベルのテンプレート

5つの製品レベルのテンプレート

アンソフ・マトリクスの例

アンソフ・マトリクスの例

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

BCGマトリックステンプレート

BCGマトリックステンプレート

Createlyでできること

5つの製品レベルモデル用に事前に設計されたテンプレート
製品開発のための簡単な描画および図表作成ツール
チームの他のメンバーと共有して、リアルタイムのコラボレーションとグループ編集を行う
図をPNG、SVG、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどに公開・埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

1960年にフィリップ・コトラーによって開発された5つの製品レベルモデルは、顧客が製品に対して持つさまざまなレベルのニーズを明らかにします。コトラーによると、製品は単なる物理的なオブジェクトやサービスではなく、顧客のニーズや要望を満たすことができるアイデアや人も含まれます。コトラーは、顧客が認識しているように、製品を複数のレベルにプロファイリングする必要があることを提案しています。彼は消費者の心理的期待、感情的連想、知覚的願望に基づく5つの製品レベルがあることを強調しています。 そして、これらの要素は製品のペルソナを作成するのに役立ちます。

コトラーの5つの製品レベル

  • コア製品:これは、製品が満たそうとしている、または提供しようとしている顧客の基本的なニーズや要望を指します。識別するための最良の方法は、消費者の視点からそれを見ることです。例えば、消費者がレストランに行く理由は?食べ物や飲み物を買うためです。
  • ジェネリック製品/ベーシック製品:これは、その機能に不可欠な特性のみを含む製品の基本的なバージョンを指します。例えば、チョコレートの基本的な特徴を考えると、その食感、色、サイズ、香りなどについて話し合うことになります。
  • 期待される製品:これは、消費者が購入に同意する前に製品に一般的に期待する属性または特性を指します。レストランでは、消費者は通常、フレンドリーな顧客サービス、清潔なテーブルと椅子などを期待します。
  • 拡張製品:競合他社が提供するものとの差別化を図るために、追加の利点、機能、特性などを含むように変更された製品の拡張バージョンです。消費者の欲求を現実に変えるものとなります。

製品開発のためのより多くのテンプレートと視覚的なアイデア

ポーターズファイブフォース分析

ポーターズファイブフォース分析

TOWSマトリックス

TOWSマトリックス

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

ワークプランテンプレート

ワークプランテンプレート

戦略的プランニングのためのSWOT分析

戦略的プランニングのためのSWOT分析

競合分析のためのパーセプチュアル・マップ

競合分析のためのパーセプチュアル・マップ

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携