その他のバリューネットモデルテンプレートと例

バリューネットモデル

バリューネットモデル

バリューネットモデルのテンプレート

バリューネットモデルのテンプレート

戦略グループマップ

戦略グループマップ

パーセプチュアル・マップ・テンプレート

パーセプチュアル・マップ・テンプレート

状況分析のためのパーセプチュアル・マップ

状況分析のためのパーセプチュアル・マップ

Createlyでできること

バリューネット分析用に事前に設計されたテンプレート
競合分析を実施するための簡単な描画および図表作成ツール
クラスの他の人と共有し、入力を追加してもらう
図をPNG、SVG、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどへの公開と埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

アダム・ブランデンバーガーとバリー・ナレバフが開発し、著書「Co-Opetition」で紹介されたバリューネットモデルは、組織の主要な競合他社を特定し、その行動を決定するために使用されます。そうすることで、十分な情報に基づいた戦略的決定を下すのに役立ちます。著者は、組織は互いに競争するのではなく、互いに協力することではるかに多くのことを達成できると述べています。この新しい競争の概念は、共同競争と呼ばれます。バリューネットモデルは、組織の運用の成功に不可欠な主要な業界プレーヤー(顧客、供給者、競合他社、補完者)を特定します。

バリューネットモデルの使い方

  • モデルで強調表示されている、組織と業界の他の主要なプレーヤーとの間の相互依存関係を理解します。
    • 顧客:製品またはサービスを購入する個人または当事者
    • 供給者:製品やサービスを生産・販売するために必要なリソースを提供
    • 競合他社:同様の製品やサービスで、同じ市場シェアを求めて競争する当事者
    • 補完者:顧客とうまく連携できる製品やサービスを提供し、最終製品を顧客にとってより魅力的なものにする他のビジネスなど
  • バリューネットモデルに基づいて戦略を策定するために、ブランデンバーガーとナレバフは、PARTS(プレーヤー、付加価値、ルール、戦術、スコープ)アプローチと一緒に使用することを提案しています。
  • まず、ビジネスに影響を与える可能性のあるプレイヤー(顧客、供給者、競合他社、補完者)を特定して一覧表示します。それらとの協力・競争の機会、あるいはいずれかとの戦略的提携を形成する可能性を検討します。業界に参加できる外部プレーヤーを特定します。
  • 各プレーヤーが同盟を築いた場合に、それぞれの役割で何を提供できるかを測定します。また、組織独自の価値の源泉(つまり、競争優位、USP、需要と供給)と、他のプレーヤーと力を合わせた場合に顧客や供給者に価値を生み出す方法についても検討します。
  • 従わなければならない業界の規則や規制を評価します。この中のどれが成長を助けるか、あるいは妨げるか、そして他のプレーヤーと協力するならどのルールを変えれば自分が有利になるかを考えます。
  • 他のプレーヤーが自社に対して持っている認識を形作るために使用でき、彼らの行動に影響を与える可能性のある戦術を特定します。
  • スコープを定義します。他の関連業界の製品やサービスにリンクすることで、範囲を拡大することでどのように利益を得ることができるかを特定します。また、これらのアクションが他のプレーヤーの認識とアクションにどのように影響するかを調べます。

競争力のある分析のためのその他のテンプレートと視覚的なアイデア

プロダクトポジショニングテンプレート

プロダクトポジショニングテンプレート

5つの製品レベル

5つの製品レベル

SWOT分析テンプレート

SWOT分析テンプレート

アンソフ・マトリクスの例

アンソフ・マトリクスの例

GE マッキンゼー マトリックス

GE マッキンゼー マトリックス

競合他社のプロフィールテンプレート

競合他社のプロフィールテンプレート

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携