その他の大戦略マトリックステンプレートと例

大戦略マトリクス

大戦略マトリクス

大戦略マトリクステンプレート

大戦略マトリクステンプレート

ボウマンの戦略時計

ボウマンの戦略時計

アノスフ・マトリックス

アノスフ・マトリックス

戦略ダイアモンドテンプレート

戦略ダイアモンドテンプレート

Createlyでできること

大戦略マトリックス用に事前に設計されたテンプレート
戦略的計画のための簡単な描画および図表作成ツール
クラスの他の人と共有し、入力を追加してもらいます
図をPNG、SVG、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどに公開・埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

大戦略マトリックスは、組織が実行可能な代替戦略を開発するのを支援するのに役立ちます。このモデルは4象限グラフで構成され、市場の成長と組織の競争力という2つの側面に基づいています。成長が遅いまたは急速な市場で競争力の弱いまたは強い立場にある企業が利用できるさまざまな戦略的オプションを示しています。各象限には、ビジネスがどの方向に進む必要があるかを判断するのに役立ついくつかの戦略的オプションが含まれています。

大戦略マトリックスの4つの象限

  • 第1象限(強力な競争力と急速な市場成長): この象限にある企業は強力な戦略的立場にあり、市場浸透、市場開発、製品開発などの戦略を追求することが成功に繋がります。
  • 第2象限(弱い競争力と急速な市場成長):この象限の企業は、現在のアプローチを再評価する必要があります。競合している市場が成長している一方で、競合他社の影に隠れてしまう恐れがあります。競争力を高め、地位を確立するために、市場開発、市場浸透、製品開発、水平統合、分散化などの戦略を検討することができます。
  • 第3象限(競争力の弱さと市場成長の鈍化):この状況にある企業は、一方では激しい競争に直面し、他方では市場成長の停滞に直面しています。縮小、または関連/非関連の多様化を通じて地位を向上させるために大きく変化することを検討する必要があり、他のすべてが失敗した場合は、売却や清算を検討する必要があります。
  • 第4象限(強力な競争力と遅い市場成長):この象限の企業は、競争力のある低成長の業界に身を置いています。製品やサービスのためにより大きな市場を作るにあたって、多角化、合弁事業、関連・非関連の統合などを検討することができます。

その他の戦略的計画用テンプレートと視覚的なアイデア

プロダクトポジショニングテンプレート

プロダクトポジショニングテンプレート

ボウマンの戦略クロックPPT

ボウマンの戦略クロックPPT

製品戦略キャンバス

製品戦略キャンバス

TOWSマトリックス

TOWSマトリックス

SOAR分析

SOAR分析

5つの製品レベル

5つの製品レベル

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携