その他の組織開発モデルテンプレート

ワイズボードの6ボックスモデル

ワイズボードの6ボックスモデル

5つの製品レベル

5つの製品レベル

レストランの組織図と責任の所在

レストランの組織図と責任の所在

マーケティングの4つのP

マーケティングの4つのP

バリューチェーン分析例

バリューチェーン分析例

Createlyでできること

組織開発モデル用に事前に設計されたテンプレート
組織のパフォーマンスを分析するための簡単な描画および図表作成ツール
チームの他のメンバーと共有して、リアルタイムのコラボレーションとグループ編集を行う
図をPNG、SVG、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどへの公開と埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

ワイスボードの6ボックスモデルは、アメリカのアナリスト、マーヴィン・ワイスボードによって開発されたフレームワークです。これは、組織のパフォーマンスや機能を分析・理解するために使用されます。上級管理職が気付かない可能性のある組織の問題は、このモデルを使用して特定できます。このモデルは、組織が適切に機能していない場所を特定するために調査する6つの組織領域に基づいています。

ワイスボードの6ボックスモデルの6つの調査領域

  • 目的:経営陣や他の従業員が、組織の価値観、使命、ビジョンを認識し、理解していることを確認します。
  • 構造:会社がどのように組織されているかを確認します。組織図を参照または作成して、階層、役割、責任、部門内の関係を理解します。
  • 関係:組織のメンバー(マネージャーとスタッフ)、部門間、個人間の関係の質と仕事の質を評価します。
  • 報酬:組織は従業員にどのような報酬を与えているか、従業員がどのように報酬を得ているか、そしてどのような仕事で報酬を得ているかを調べます。
  • リーダーシップ:組織で従うリーダーシップのスタイル、リーダーが実行する主なタスク、リーダーによって定義されたリーダーシッププログラムを理解します。それらが組織の全体的な目的とそのコアバリューと一致していることを確認します。
  • 役立つメカニズム:組織的なメカニズムが整っているか、目的を達成するのに役立つか、それとも成功を阻むものなのかを特定します。

その他の組織開発用テンプレートと視覚的なアイデア

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

チーム憲章

チーム憲章

製品ロードマップ

製品ロードマップ

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

ビジネスアクションプラン

ビジネスアクションプラン

バリューチェーン

バリューチェーン

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携