その他の自己啓発テンプレートと例

Cynefin fFramework テンプレート

Cynefin fFramework テンプレート

Cynefin fFramework テンプレート2

Cynefin fFramework テンプレート2

ジョハリの窓テンプレート2

ジョハリの窓テンプレート2

SOAR分析例

SOAR分析例

戦略的プランニングのためのSWOT分析

戦略的プランニングのためのSWOT分析

Createlyでできること

Cynefinフレームワーク用に事前に設計されたテンプレート
メモや入力を追加するための簡単な描画および図表作成ツール
チームとシームレスな会話を行うための組み込みのビデオ会議
図をPNG、SVG、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどに公開・埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

Cynefinフレームワークは概念フレームワークであり、「センスメイキングデバイス」と見なされています。これにより、意思決定者はさまざまな視点から状況や問題を確認し、適切な行動を取ることができます。これは危機に対応するための優れた方法であり、最悪の状況に対応する方法について従業員を訓練するために使用できます。

Cynefinフレームワークの使用方法は?

  • フレームワークは、複雑、複雑、混沌、単純の4つの大きなカテゴリに分けられます。
  • 単純なドメインは順序付けられたシステムです。つまり、原因と結果の間に関係が存在します。これは予測可能であり、繰り返すことができます。このセクションでは、その関係は合理的な人には自明であるため、意思決定モデルは「感知、分類、対応」です。
  • 複雑な領域では、原因と結果の間に関係がありますが、それは自明ではないため、専門知識が必要です。ここでの応答は、「感知、分析、応答」です。
  • 複合的な領域は、原因と結果が後知恵でしか理解されない状況を扱います。ここでの応答には、「調査、感知、対応」が含まれます。ここで実験が行われ、調整が行われます。
  • カオス領域では、因果関係を特定することはできません。ここでの応答は、「行動、感覚、応答」です。ここで実行されるアクションはすべて斬新です。
  • このモードは、問題が発生したときに自分がどこに立っているかを判断するのに役立ち、それに応じて考え方を変えることができます。

その他の意思決定テンプレートと視覚的なアイデア

シナリオ・プランニング・マトリックス・テンプレート

シナリオ・プランニング・マトリックス・テンプレート

ストラテジー・ダイヤモンド

ストラテジー・ダイヤモンド

インパクト・エフォート・マトリクス

インパクト・エフォート・マトリクス

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

ビジネス・ケイパビリティ・マップ

TOWSマトリックス

TOWSマトリックス

SWOT分析テンプレート

SWOT分析テンプレート

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携