その他のブランドエクイティモデルのテンプレートと例

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

ブランド・エクイティ・モデル・テンプレート

ブランドピラミッド

ブランドピラミッド

ナイキのブランド・アイデンティティ・プリズム

ナイキのブランド・アイデンティティ・プリズム

ブランド・アーキタイプ・ホイール

ブランド・アーキタイプ・ホイール

ブランド・エッセンス・ホイール

ブランド・エッセンス・ホイール

Createlyでできること

ブランドエクイティモデル用に事前に設計されたテンプレート
戦略的マーケティング計画のための簡単な描画および図表作成ツール
チームの他のメンバーと共有して、リアルタイムのコラボレーションとグループ編集を行う
図をPNG、SVG、PDF、JPEGとして書き出し、ドキュメントやプレゼンテーションなどに公開・埋め込み
nasa
amazon
ebay
citi
paypal
national-geographic

ガイドとベストプラクティス

マーケティング教授のケビン・レーン・ケラーは、著書「戦略的ブランド・マネジメント」で最初にブランドエクイティモデルを紹介しました。ケラーによるブランドエクイティモデルは、顧客ベースのブランドエクイティ(CBBE)モデルとしても知られています。このツールは、企業が顧客の考え方や感じ方を形作ることで、強力なブランドを構築する方法を見つけるのに役立ちます。そのためには、顧客がブランドに対して前向きな気持ち、考え、意見、信念を持てるように、企業は適切な体験の創造に取り組む必要があります。このモデルは、ブランドが属するステージと、さらに上に行くために何をすべきかを特定するのに役立ちます

ケラーのブランドエクイティモデルの使い方

  • ピラミッドの最初のレベルはブランドアイデンティティです。この段階での目的は、顧客の間でブランドの認知度を高め、競合他社よりも目立つようにすることです。
  • ブランドアイデンティティを構築するには、まず顧客を理解する必要があります。オーディエンスセグメント、ニーズ、およびブランドとのやり取りの方法に基づいて、顧客のペルソナを構築します。また、意思決定を行う際に競合他社とどのように区別されるか、ブランドに対する彼らの認識などを理解することも重要です。
  • オーディエンスがブランドを自分の望み通りに認識していることを確認します。効果がない場合は、製品やサービス、ブランディングの方法を変えます。
  • ピラミッドの2段目はブランドの意味です。これは、パフォーマンスとイメージの2つのセクションに分かれています。
  • パフォーマンスは、保守性、信頼性、耐久性などの要素で構成されます。イメージは、顧客がブランドを社会的・心理的にどう認識しているかを指します。
  • 3番目のレベルはブランドへの反応を表します。ここでは、購入後の顧客の反応を特定します。反応は、判断と感情として分類できます。
  • ブランドエクイティピラミッドの最上位は、到達するのが最も難しいと考えられているブランドレゾナンスです。顧客との強い関係を築くことに焦点を合わせており、ここで考慮すべき要素は顧客の行動、価値観、態度、感情、そして関与です。
  • ピラミッドを登るための戦略を立てるには、Createlyのテンプレートを利用します。利害関係者と共有し、フィードバックも得ます。ダウンロードしてプレゼンテーション、ドキュメント、Wikiに追加すると、組織内にいるすべての人が簡単にアクセスできるようになります。

その他の戦略的マーケティング計画用テンプレートと視覚的なアイデア

戦略ダイアモンドテンプレート

戦略ダイアモンドテンプレート

ポーターズファイブフォース分析

ポーターズファイブフォース分析

SWOT分析テンプレート

SWOT分析テンプレート

SOAR分析例

SOAR分析例

アンソフ・マトリクスの例

アンソフ・マトリクスの例

ターゲット市場図

ターゲット市場図

お気に入りのツールと連携

日常的に使用するプラットフォームとの統合を考慮した設計

お気に入りのツールと連携