データベース設計ツール

  • データベーススキーマの設計に欠かせない、編集可能なデータベース設計テンプレートを作成する複数のフレームワーク
  • シンプルなドラッグ&ドロップ操作で、データベースの詳細構造を可視化
  • ビデオ会議とライブマウストラッキングによるリアルタイムな共同作業

データベース設計テンプレート

DVDライブラリ
大学管理システムのER図
流通管理システムのER例
物品契約システムの新ER図

データベース設計ツールとは?

データベース設計は、データベーススキーマと呼ばれるデータベースの詳細なモデルを図に表したものです。システム内にあるさまざまなテーブルと、各テーブル間の関係を示します。

これにより、システム内の異なる実体間の関係を視覚化し、それに応じてデータベース図を設計できます。Createlyは、他の多くの図とともに、実体関係図の作成をサポートしています。

データベースの設計方法

  1. データベース設計の第1歩は、設計の目的を明確にすることです。
  2. 次に、データベースに記録する情報の種類をすべて集めます。
  3. 情報を主要な実体または主題に分割します。テーマごとにテーブルが作成されます。
  4. テーブルに格納する情報を決定します。各項目は、フィールドとしてテーブルの列に表示されます。
  5. 各テーブルの主キー(各行を識別する固有の列)を選択します。
  6. テーブルの関係を確立し、1つのテーブルのデータと他のテーブルのデータとの関連性を決定します。

データベース設計記事